top of page
  • 加納屋

入荷のお知らせ


菊 金蒔絵 脇息 一対 が入荷いたしました。


脇息(きょうそく)とは肘を置いて体をもたれかからせる為に使用するものです。

時代劇で将軍や大名が使用しているのを見ることが多いかと思われますが、実際には私室で使用され、公の場に置かれることはなかったそうです。


今では和室があるご家庭も少なくなってきているので使用する機会も中々ないかも知れませんが、和室に置くとそれだけでお部屋の雰囲気が締まるような気がします。


サイズ

49.8×17.5×32.5cm (幅×奥行×高さ)


加納屋では骨董品の買取を行なっております。

山形、南陽にオフィスがございますので、村山地方、置賜地方、その他の地域のお客様も

お気軽に電話またはホームページのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。


tel:023-634-5355





コメント


bottom of page